2015年10月30日

「ソーシャルワーク・コラボin札幌」のご案内

日本ソーシャルワーク学会の研究推進第3委員会が開催する「ソーシャルワーク・コラボin札幌」を紹介します。

テーマは「施設入所者の権利擁護に対するソーシャルワーカーの取り組みと課題」となっていて、私たちの家族が施設に入所している者にとっても、また、施設の管理者や支援者職員にとっても、極めて関心のあるテーマになっています。

日時は2015年12月6日(日)場所は北星学園大学で、詳細は画像のとおりです。

趣旨として述べられているところは、次のとおりです。

今年になって、障害者施設での虐待事件や老人ホームにおける入居者への虐待疑惑など、権利侵害問題の報道が相次ぐ中で、入所施設の在り方が問われている。同時に施設において入所者の生活の質を高め、権利擁護を行うソーシャルワーカーの役割を見直すことが課題である。

そこで、@福祉サービス適正化委員会への苦情申立の現状と意味するもの。
A 当事者家族から見た施設の現状や問題点、
B 施設ソーシャルワーカーの取組と課題について

それぞれの立場から報告を受ける。
続いて@〜Bの実態を踏まえて、「施設の問題状況に対する社会福祉実践の構造」についての理論的検討を行い、それを踏まえて、今後の施設ソーシャルワーカーへの期待と、関係者の協働の可能性を探ることを目的とする

とあります。

ここ近年障害者総合支援法、虐待防止法、差別解消法など次々と障がい者の権利を擁護するための法律が整備されつつあり、障害者権利条約の批准後、障がい者を社会がどのように平等の人間として位置づけていくかが問われています。

しかし、障害者に対する虐待は一向になくならず、中には死亡事故まで報告されています。ソーシャルワーカーを営みそれを目指すものにとり、入所施設や老人施設などでの虐待は最も関心のある問題とされるなかで、このような研究会事業が開催されることは、大変意義のあることと思います。

ただ言えることは、虐待は26年度で88,000件でその内圧倒的に家庭内の虐待が多い現状であると聞きます。
ソーシャルワーカーは、施設など福祉事業でその役割を果たしていますが、権利擁護の問題は入所施設だけの問題に矮小化せず、しっかりと社会問題として捉え、その原因を探って解決策を見出すことが必要と思います。

虐待と権利侵害は差別意識が根底にあります。福祉現場においては、「福祉の心」も当然ながらソーシャルワーカーを含め支援職員、介護職員の待遇が悪く、心の余裕がない、「ほっとする」時間が取れない仕組みになっているのが原因です。

問題だ問題だと言っているだけではいつまでも解決しない課題が提起されていると思います。

興味のある方は是非会場に足を運んでいただければとおもいます。
実は、私ども家族会の加盟団体であります、北海道知的障がい児者家族会連合会の平山副会長が報告者として参加されますので、ぜひお話を聞いていただければと思います。

申込書はこちらです。
案内書と申込書

ソーシャルワークコラボ.jpg

ソーシャルワークコラボ2.jpg

posted by はるあき at 22:10 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

東日本大震災の教訓と福祉施設の防災対策について

 2月3日〜4日 「支え合う力を発揮するために」と題して平成23年度後志知的障がい福祉協会職員研修会が小樽市内のウイングベイ小樽3F「ヲタル座」で開催されました。

 2日目のみ参加させてもらいましたが、大変有意義な内容でした。

第1講義の中川博之さん(ライフネット夕張センター長)が、岩手県山田町の施設に派遣されたときのお話は、今後の地震災害、津波災害、土砂災害などにあらかじめ福祉施設が備えておかなければならないいろいろな課題について考えさせられました。

大災害時には支援する側は、単に支援に行くというだけではかえって足手まといになる場面が多くあると指摘されていました。

きちんと計画的に継続できるかどうか、単発の支援なのかどうか、支援される側の事情を十二分にくみ取って支援する必要があることなど強調されていました。

支援物資も、家庭にある古物を処分する目的で送られたようなものは、結局被災地で最終処分に回され、その費用が数千万円かかるとか(奥尻島の津波災害時で2000万円)・・驚きました。

品目では、電気製品のうち特に足下自動センサー照明器具、ポータブルコンロ、介護用体ふき、あるいは、男性半袖シャツ、女性レギンス、肌着類などは支援数が少なく要望が強かったと言います。

第2講義は「対談」ということで、瀬野淳一後志知的障がい福祉協会会長と中川さんがお話しされました。

東日本大震災の教訓を元に後志管内の福祉施設の津波や河川災害土砂地滑り災害などとの関連を「福祉施設における今後の防災対策」としてデーターにまとめられ発表されました。

後志管内は特に泊まり原子力発電所も近接しており、その事故を想定した対策も必須となっています。
特に近接している岩内あけぼの学園では、すでに臨時避難箇所として道南の各施設と協定をするなど対策を具体化していると報告されました。

銀山学園では豪雨災害を想定して臨時避難訓練を行ったところ、全員避難するのに4時間もかかってしまい、時間短縮の方策を検討していると聞きました。

また、在宅の知的障がい者で未だ支援の外にある人々がまだたくさんいるという現実から、行政が一日も早く実態を把握することが急務であることなどが話し合われました。

以上大変意義の深い研修でした。

今後の課題としては、この防災対策が個々の法人や施設に任せっきりになってしまうと、結局は「のど元過ぎれば熱さ忘れる」のたとえで意識も薄れ対策がとれないまま無為に時間を過ごすことにならないかと心配もしています。

願わくは、中川さんも言っておられたが災害時における組織としての力を確信して、この防災対策の時点で、協会などがしっかりと指導性を発揮して、各福祉施設の防災対策の策定状況や訓練状況等を定期的に点検するなど行政を補完しながらより実効性のある対策を打ち立てていってもらいたいものと思っております。
posted by はるあき at 22:16 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月13日

ふれあい祭りに参加しましょう!

 9月20日日曜日、銀山学園陽だまりが恒例のふれあい祭りを開催します。
 家族の皆さん、地元の皆さん、ほか多くのご参加を呼びかけています。
 利用者の皆さんも、毎年首を長くして待っている楽しいお祭りです。


ふれあい祭りに参加しましょう!

日時 9月20日
第1部 10:30〜14:00
   食べ歩きのコーナー
     豚串 おやき
     そば、うどん、たこ焼き
     山女の天ぷら
     その他いろいろ
   ジャッキーショー
   利用者発表会
     ダンス
     カラオケ
   新入職員紹介

第2部 15:00〜17:00
   チャックベリーコンサート

第3部 19:30〜
   花火大会




 チャックベリーは、そのボスである阿部民雄さんが、銀山学園開設当初から毎年必ず来てくれて、利用者を歓喜させ、励まし、交流してくれます。今年ですでに30周年を迎えます。
 チャックベリーのご好意に利用者をはじめ、家族、職員、関係機関全てが感謝しております。
 ますますのご活躍をお祈りします。

 チャックベリーコンサートは、15:00から銀山学園の中庭に舞台を設けて開演されます。来て下さるのは、チャックベリーだけではなく札幌など各地で活躍するいくつかの演奏グループや歌い手さんが一緒に来てくれて、演奏や歌を披露してくれます。
 いつも、すばらしい盛り上がりで利用者さんはみんなが踊り出し、舞台に上がって一緒に歌ったりします。

 楽しみですね!!






宮口式記憶術の秘密の99%を全て無料で公開します

宮口式記憶術オンライン無料講座
登録はコチラ
posted by はるあき at 11:18 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

世界自閉症啓発デー

世界自閉症啓発デーは平成20年4月2日と定められたが、この日を契機として国民の一人一人が自閉症など発達障害者の方々への理解の促進と、障害者の能力の発揮に努めていこうとするものです。

今年も4月2日に厚生労働省が啓発活動などを展開するとしています。


自閉症シンポ1

自閉症シンポ2

posted by はるあき at 20:18 | | Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月01日

小檜山 博氏の講演(2)つづき

小檜山 博氏の講演(2)

居候の時の話

あまり収入のない針灸を生業にしていたその家にも何人も食べ盛りの子どもがいて、ご飯も腹一杯食べることが出来なかった。3杯目をおかわりしようと思う頃には、おひつの底がカラカラと音を立てていた。とても3杯目のお変わりは言い出せなかった。
あるひとうとう腹が減って夜中に家にご飯を食べに帰ったときの母の叱責。
「お前がいなくなって心配して警察や消防団に届けたらどうなると思う。」
「お世話になっている人の心を考えた事があるのか」
「お腹がすいて家に帰ったと(お世話になっている人に)言えるのか?言えないのならいい訳を自分で考えなさい。」
幸い、夜中の4時に帰って誰も気づかなかった。
しかし、もし、その家の女将さんが心配して起きていたら何と言おう。いまだ、その答えは思いつかない。

苫小牧工業高校時代の寮の話

自分だけ卒業証書をもらえなかった。
理由は家からの仕送りが滞っていて、授業料などを払っていなかったからだった。
みんなが卒業して3年生が誰もいない寮の部屋で2年生と1年生とともにお金が届くまでの数日間を過ごした。
寮費も払っておらず、かつ、寮の籍も無かったのでご飯は当たらなかった。
数日水だけで過ごしたが、同部屋の後輩が自分たちの食事を少しずつ削って、持ってきてくれた。味噌汁も鍋底に残った味噌の固まりのようなものを持ってきてくれた。
そんな家族とも言える仲間のうれしい思い出がある。
後年、お礼の意味も込めて2人を招待してそのときの話をしたとき、二人は顔を見合わせて、「そんなことあったか?」など知らんふりを決め込んでいた。
ここにも暖かいものを感じた。

長崎からの少女の話。(小檜山さんの小説を読んで感想を手紙に書いてきたという)

少女の通うある学校での話、授業中に女の子がオシッコを漏らしてしまったらしく、椅子の下から水が流れていたのを後ろの男子生徒が気がついた。
その女の子は、なにか障がいがあったらしく自分では気がつかないようでした。
男の子は、しばし他の生徒とこそこそ話していましたが、そのうち一人が席を立って廊下に出て行き、バケツに水をくんで帰ってきた。女の子の席の近くで躓いてしまって、バケツをひっくり返してしまった。女の子の椅子の下を含めてその当たりは水浸しになった。
男子生徒達は、大騒ぎをしてあわててぞうきんを持ってきて、全てを拭き取った。
その事件のことは、それで終わった。女の子についての話はその後も一切無かった。他のクラスにも噂になることもなかった。

家族とは

家族とは何か?
血は水よりも濃い。
自分の受け継いできた血を考える。自分の父母、その又父母、その又父母、どんどんと世代の遠い祖先から何分の一かの血を受け継いでいる。
30代前の祖先にさかのぼると約一億人になる。ちょうど日本の人口ぐらいだ。
このように考えると、周りの人は皆つながっているのだ。
この世には、血よりも濃いものがある、それは「関係」というものだ。
家族関係、人間関係、夫婦関係。一緒に寝て、一緒に食べ、一緒に話し、一緒に暮らす。そして長く深い関係を築いていく。仮に血のつながりが無くとも、これが「家族」というものだ。
私の母は、本を読み気丈な女だった。晩年、ぼけてしまって垂れ流しをするようになった。長い間兄夫婦の元で世話になっていたが、私の家でも数年間世話をしてきた。その間、私も、嫁さんも大変でした。でも、その様子を目の当たりに見せることが私の子ども達にとても良い人生の勉強をさせたと思っている。
もう、息も長くないと知ったある日のこと、兄弟姉妹が母の傍に集まった。いつも世話をしてきた兄夫婦や私ども夫婦の顔でさえ、「誰なの?」ときいても 「おれ、知らん」という。遠くから来た私の姉についても「知らん」という。ところが、父の顔だけは、「とうちゃん」と口に出して言ったのだ。これが、70年寝食を共にしてきた「関係」なのだと。

posted by はるあき at 22:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
dha epa α-リノレン酸 えごま油より手軽
不飽和脂肪酸のドコサヘキサエン酸 エイコサペンタエ...


天然マグロを100%使用したサラサラ成分で、
ドロドロの流れをスムーズにし、毎日の健康ケアにお...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。