2014年04月12日

後志報恩会の理事会評議員会

4月12日小樽市グランドパークにおいて平成26年度第1回理事会評議員会が
開かれました。

内容は昨年行われた指導監査の結果と今後の改善計画などが真剣に話し合われま
した。

年度当初の会議でもあって、新規に人事異動となった管理職員や銀山学園からサ
ービス管理責任者が参加し、昨年発生した銀山学園の虐待事案に対する分析と改
善に対する具体的かつ詳細な体制整備と進め方、検証について話し合われました。

この計画をすべての管理者職員が自分のものとしていくことにより、家族にとっ
ても利用者にとっても今まで以上により安心で安全な「利用していて良かった」
と思える施設に発展していくことが期待できます。

関係者の皆さん本当にお疲れ様です。

窓の外は海で、ちょうど石原裕次郎記念館の後ろのヨット係留場の美しい景色が、
見えていました。

ヨット係留区域

posted by はるあき at 22:12 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月31日

日本知的障害者福祉協会と日立システムズ、福祉事業者向けシステムを開発

これまで各事業所がそれぞれ独自のコンセプトで運用してきた施設利用者の身体・生活情報などを一元管理できるシステムが、今後は福祉協会で開発したシステムに統一されていくことになるのでしょうか?

全国的に同様のものを利用することにより、それぞれの事業所の管理方法が統一され、比較や評価がしやすく、運用の積み重ねによりよりよい支援につながっていくような気がしますね。

ただ、事業所それぞれに直ちにこれを採用するには、特殊な事情も存在する場合もあるでしょうね。

日本知的障害者福祉協会と日立システムズ、福祉事業者向けシステムを開発

 日本知的障害者福祉協会と日立システムズ(高橋直也社長)は、共同で知的障害者関係施設・事業所向けの業務管理システム「福祉協会ASP」を開発した。1月29日から予約を受け付け、4月に提供を開始する。.

 「福祉協会ASP」は、日本知的障害者福祉協会が推奨する新しいアセスメント方式を実践する機能に加え、施設利用者の身体・生活情報などを一元管理できる利用者台帳や、カレンダースケジュール、報酬請求に必要な書類を簡単に作成できる自立支援請求、日誌や申し送りなどを簡単に作成できる日誌ケース記録、利用者のニーズに沿った計画を策定できる個別支援計画など、多くの機能を備える。
 インターネットの接続環境があれば手軽に導入でき、システム管理はデータセンター側で行うので、管理のわずらわしさもない。費用は利用者数に応じた安価な月額払いで利用でき、小規模施設などでも導入することができる。

 日本知的障害者福祉協会と日立システムズは、協会会員と一般の福祉事業者に「福祉協会ASP」の導入を推進し、知的障害のある人たちが、人間としての尊厳が守られ、豊かな人生を実現できるように支援する。

 販売は、日立グループのクラウドソリューション「Harmonious Cloud」の下、日立システムズが運営するオープンクラウドマーケットプレース「MINONARUKI(みのなるき)」で行う。

 税別価格は、初期費が障害者事業所向けが9万2400円から、障害児事業所向けが5万400円から。3月末までに予約した場合は、初期登録サービス・追加登録サービスが無料となる。


posted by はるあき at 21:46 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月12日

後志報恩会40年記念「講演会」

2011年6月11日、後志報恩会では銀山学園開設後40年を記念しての「講演会」を開催しました。
全道各地20以上の市町村から一般の人を含め400人を超える参加者で開場は満員となる盛況でした。

一法人が主催した一般向け講演会がこのように関心を集めたのは、講師が日本の福祉の第一人者であることと、関係者の努力、何より後志報恩会という法人が、それだけの価値ある実績を作り上げてきたことによるものでしょう。

特に、阿部志カ先生の講演は心にしみるすばらしい講演でした。

以下、プログラムなどです。

20110611kouenkai.jpg


        記念講演会・主催者あいさつ

 祉会福祉法人後志報思会理事長 山崎忠顯

 皆様、本日は地元小樽をはじめ全道各地から大勢の方々が、本記念講演会に、ご参加下さり、心から感謝を申し上げます。誠に有り難うございます。


 私ども社会福祉法人後志報恩会は、小池九一翁が今から93年前、大正7年11月30日に札幌山鼻地区に創設した、私立感化教育機関札幌報恩学園、現在の、知的障害の支援をしている、社会福祉法人札幌報恩会から、新たに独立した法人です。


仁木町に知的障害者施設銀山学園を設立してから、40年が経過しました。今回40年を記念し講演会を企画致したところです。

 知的障害があっても、地域社会の、いろいろな場面で、その人らしく、生き生きと生きていくことが大切だと思います。


私たちは40年の実践を通して、知的障害があっても、人が生き生きと生きることの支援は、どうあることが大切なのかを学びました。

そのことは社会福祉施設と地域祉会にある、物心両面の垣根、壁を低くして、または取り払っていく過程で感じているところであります。


施設利用者も地域住民も、地域社会で生きていくことの価値の共有をしていくことが、何よりも大切であると、思っています。


また地域社会こそ、障害があってもなくても、一人ひとりの、幸せを図る原点である、と考えております。


 これを機会に、わが国において、戦後間もなくから、神奈川県横須賀市田浦町で、「地域で福祉づくり」の実践と理論を通して、まさに地域福祉のパイオニアとして、活躍をされるだけではなく、日本の風土をふまえつつ、福祉の哲学、福祉の心のあり方を、私たちに問いかけられている阿部志郎先生、岸川洋治先生にお出でいただくことが出来ました。


本記念講演会を実施できますことを大変光栄に存じているところであります。


 最後になりますが、本席には仁木町町長様、小樽市祉会福祉協議会常務理事様をはじめ、日頃から大変お世話になっております仁木町、小樽市の町内会の皆様も大勢お見えになっております。本日は誠に有り難うございます。


 一言感謝を申し上げご挨拶と致します。


yamazaki-aisatu3.jpg

   プログラム



1時30分〜1時40分 開会の挨拶

1時40分〜2時50分 
第一部講演『福祉のこころ で まちづくり』
  講師 阿 部 志 郎 先生


 福祉の原点を学び、福祉のこころに根ざした「まちづくり」について、地域福祉の実践と理論のパイオニアとしての示唆に富むお話を伺います。


2時50分〜3時00分  休憩(10分間)


3時00分〜4時30分 
第二部講演『みんなでつくる 地域の福祉づくり』
 講師 岸 川 洋 治 先生


 全国に先駆けて、神奈川県横須賀市田浦町で地域住民と共に取り組んでいる「福祉のまちづくり」の実践と具体的展開についてお話を伺います。




abesirou.jpg

kishikawa-youzi.jpg


posted by はるあき at 09:57 | 北海道 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

地域でつくる福祉のまちづくり講演会のおしらせ

6月11日(土)午後1時30分〜4時30分

場所 小樽市民センター「マリンホール」
小樽市色内2−13−5

講演会第1部

福祉のこころでまちづくり

講師 阿部志カ先生(社会福祉法人 横須賀基督教社会館 名誉会長



講演会第2部

みんなでつくる 地域の福祉づくり

講師 岸川洋治先生(社会福祉法人 横須賀基督教社会館 館長)


主催・問合 社会福祉法人 後志報恩会
参加申し込みは FAX または メールで

FZX 0134−52−3617
メール m.sakaguchi@srbshouon.jp

阿部史郎.jpg
posted by はるあき at 00:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

野村健先生逝去される

4月13日早朝 野村健先生が札幌市内の病院でお亡くなりになったとの悲報を受けました。
野村先生は昭和45年銀山学園創設前から知的障がい者福祉活動に情熱を注ぎ、幾多の困難を乗り越えながら後志報恩会の礎を築き、その発展につくしてこられた偉大な人でした。
利用者にとって良き親であり心の支えでした。家族保護者にとっては良き師であり恩人でした。
悲しみと衝撃で言葉もありません。・・・
posted by はるあき at 09:16 | 北海道 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 法人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
dha epa α-リノレン酸 えごま油より手軽
不飽和脂肪酸のドコサヘキサエン酸 エイコサペンタエ...


天然マグロを100%使用したサラサラ成分で、
ドロドロの流れをスムーズにし、毎日の健康ケアにお...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。