2015年10月30日

「ソーシャルワーク・コラボin札幌」のご案内

日本ソーシャルワーク学会の研究推進第3委員会が開催する「ソーシャルワーク・コラボin札幌」を紹介します。

テーマは「施設入所者の権利擁護に対するソーシャルワーカーの取り組みと課題」となっていて、私たちの家族が施設に入所している者にとっても、また、施設の管理者や支援者職員にとっても、極めて関心のあるテーマになっています。

日時は2015年12月6日(日)場所は北星学園大学で、詳細は画像のとおりです。

趣旨として述べられているところは、次のとおりです。

今年になって、障害者施設での虐待事件や老人ホームにおける入居者への虐待疑惑など、権利侵害問題の報道が相次ぐ中で、入所施設の在り方が問われている。同時に施設において入所者の生活の質を高め、権利擁護を行うソーシャルワーカーの役割を見直すことが課題である。

そこで、@福祉サービス適正化委員会への苦情申立の現状と意味するもの。
A 当事者家族から見た施設の現状や問題点、
B 施設ソーシャルワーカーの取組と課題について

それぞれの立場から報告を受ける。
続いて@〜Bの実態を踏まえて、「施設の問題状況に対する社会福祉実践の構造」についての理論的検討を行い、それを踏まえて、今後の施設ソーシャルワーカーへの期待と、関係者の協働の可能性を探ることを目的とする

とあります。

ここ近年障害者総合支援法、虐待防止法、差別解消法など次々と障がい者の権利を擁護するための法律が整備されつつあり、障害者権利条約の批准後、障がい者を社会がどのように平等の人間として位置づけていくかが問われています。

しかし、障害者に対する虐待は一向になくならず、中には死亡事故まで報告されています。ソーシャルワーカーを営みそれを目指すものにとり、入所施設や老人施設などでの虐待は最も関心のある問題とされるなかで、このような研究会事業が開催されることは、大変意義のあることと思います。

ただ言えることは、虐待は26年度で88,000件でその内圧倒的に家庭内の虐待が多い現状であると聞きます。
ソーシャルワーカーは、施設など福祉事業でその役割を果たしていますが、権利擁護の問題は入所施設だけの問題に矮小化せず、しっかりと社会問題として捉え、その原因を探って解決策を見出すことが必要と思います。

虐待と権利侵害は差別意識が根底にあります。福祉現場においては、「福祉の心」も当然ながらソーシャルワーカーを含め支援職員、介護職員の待遇が悪く、心の余裕がない、「ほっとする」時間が取れない仕組みになっているのが原因です。

問題だ問題だと言っているだけではいつまでも解決しない課題が提起されていると思います。

興味のある方は是非会場に足を運んでいただければとおもいます。
実は、私ども家族会の加盟団体であります、北海道知的障がい児者家族会連合会の平山副会長が報告者として参加されますので、ぜひお話を聞いていただければと思います。

申込書はこちらです。
案内書と申込書

ソーシャルワークコラボ.jpg

ソーシャルワークコラボ2.jpg

posted by はるあき at 22:10 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
dha epa α-リノレン酸 えごま油より手軽
不飽和脂肪酸のドコサヘキサエン酸 エイコサペンタエ...


天然マグロを100%使用したサラサラ成分で、
ドロドロの流れをスムーズにし、毎日の健康ケアにお...