2015年10月30日

権利擁護フォーラム2015in小樽市民センター

「〜年をとっても障がいがあっても、住み慣れたまちで、自分らしく暮らしたい〜」

 少子高齢化、核家族化、貧困化、人口減少という現状の中で、国は自ら老人や障がい者の対する福祉施策を手離しそのすべてを地方自治体に責任と仕事を移行させてきています。
 特に、安倍首相のもとでは「自助」「共助」が最優先され、「公助」は後回しとなってしまいます。

 成年後見制度は障害者や老人の権利を護る制度として確立し、その定着拡大のために国や自治体が様々な施策を行ってきていますが、特に成年後見人の必要性が高い知的障がい者の場合、殆どが貧困層であり、障害基礎年金のみで暮らしております。

 とても、専門性の高い弁護士や司法書士、社会福祉士などに報酬を支払う余地はないのです。ここに、千円後見制度が広がらない要因があります。
 それは、成年後見制度自体が無収入の知的障害者を対象としたものではなく、一定以上の財産を保有した老人や知的障がい者などを対象として制度設計されたからなのではないでしょうか。

 そこで「地方公共団体」とその「市民」が中心となった、これら貧困層に当たる知的障害者や老人などの権利擁護を必要とする人々を対象に、「市民後見人」制度が生まれ、他の市町村では、かなり遅れて市民後見人養成講座などが開始されていますが、小樽市においては全道に先駆けて、その活動が開始されてきました。

 今回その先駆的な経験が豊富な小樽市で「権利擁護フォーラム」が開かれることは、大変有意義なことです。
 これから他の市町村でも続々と市民後見人が生まれその活動が始まります。小樽の市民後見人の会のお話を聴くのは今後の大きな指針になると思います。

 また、障害者権利条約において、障がい者の権利とその代理権の行使について、問題が提起されており、この問題についても日本的な在り方を探求する良き機会ではないかと思います。

 時間の許す方は是非参加してみてはいかがでしょうか?

権利擁護フォーラム.jpg

 
posted by はるあき at 16:28 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428769707
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
dha epa α-リノレン酸 えごま油より手軽
不飽和脂肪酸のドコサヘキサエン酸 エイコサペンタエ...


天然マグロを100%使用したサラサラ成分で、
ドロドロの流れをスムーズにし、毎日の健康ケアにお...