2011年02月22日

成年後見学習会

2月22日小樽手をつなぐ育成会主催の「成年後見学習会」が開催されました。
場所は小樽市生涯学習プラザ。

学習会は主催者の予想を大きく上回る参加者で開場は満席となりました。

内容が「成年後見」ということで、近年、国際障害者権利条約の批准問題や、障害者自立支援法を巡る議論が広がる中で、障害者や老人、弱者の権利をどう守っていくのか、が関心を高めていますが、特に、認知症の人を家族に持つ人や、知的障害者の親たちには大変重要な関心事になっております。

そのためか、育成会の会員さんだけではなく一般の参加者も多数見えていたようです。

学習会の中身は

親族後見について(藤井 浄)
市民後見の事例について(北後志後見センター 2名)

でしたが、事例の発表と言うことで大変具体性があり有意義でした。

現状は、家族が後見人になることが非常に多い状況にありますが、家族の絆が希薄になってきたり、あるいは、親御さんが亡くなったり、入院したりで、近年市民後見の相談がどんどん増えていると報告がありました。

特に、後見人を選ぶに当たっては、費用がネックになっているという誤解もありましたが、「北後志後見センター」さんに相談されると、「生活保護」を受けておられる方でも容易に相談に乗っていただけるというお話がありました。

又、「法人後見」といって、社会福祉法人やNPOが後見を行うことも今後は増えていきそうです。



posted by はるあき at 21:22 | 北海道 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 成年後見制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187278526
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
dha epa α-リノレン酸 えごま油より手軽
不飽和脂肪酸のドコサヘキサエン酸 エイコサペンタエ...


天然マグロを100%使用したサラサラ成分で、
ドロドロの流れをスムーズにし、毎日の健康ケアにお...