2009年12月30日

障害者自立支援法廃止の訴え広がる

−−−−−やっと年賀状を出すことが出来てほっとしています。−−−−−




10月5日京都では障害者団体などが「障害者自立支援法に意義あり、「応益負担」に反対する実行委員会」の集会が開催され、京都出身の国会議員にアピールを届けて要請しました。

また、埼玉県では埼玉県民フォーラムが12月3日に開かれ「さよなら!障害者自立支援法」のスローガンを掲げて950人が参加しました。

今政府は、来年度予算案に障がい福祉サービス・補装具の負担軽減策として107億円を盛り込み、住民税非課税世帯は無料としました。しかし、自立支援医療は対象外とされ当初の想定必要経費300億円からみて3分の1の予算措置に留まっています。さらに、応益負担の仕組みにはまだ手が付けられておらずそのままです。

民主党が政権を担うことにはなっても、その公約にはほど遠い状況です。

一刻も早い応益負担の廃止と自立支援法の廃止を求め、一層の運動が必要と各地での取り組みが強まっているようです。
posted by はるあき at 08:00 | ☁ | Comment(0) | 障害者自立支援法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

スポンサードリンク
dha epa α-リノレン酸 えごま油より手軽
不飽和脂肪酸のドコサヘキサエン酸 エイコサペンタエ...


天然マグロを100%使用したサラサラ成分で、
ドロドロの流れをスムーズにし、毎日の健康ケアにお...