2009年04月20日

報恩とは?

 先日増田徳司先生が逝去されたことをこのブログにのせましたが、増田先生を師とされて目標とされていたN先生からメールが届きました。

増田先生の名前のとおりの徳が偲ばれ、あらためて職員の皆様の絆の深さに感動しています。

一部のみ紹介しますと

(ここから)

葬儀の席での荒関 修さん、永井英樹さん 両施設長の言葉は、とても心に響き涙をこらえきれませんでした。
永井さんが弔辞の中で紹介した、増田さんとのエピソード「私は七回までは許す、しかし八回目は・・・」という厳しい言葉は、深く心にしみました。
「私は、七回も許せるだろうか?」つい、自分だけが正しいと思い、感情的になってしまいます。
「落ち着いて・冷静に・いろいろな角度から見直してごらん」と聞こえました。

この「七回許す」という言葉には繋がりも感じました。

お釈迦様の雑宝蔵経の中にも「無財七施」というお言葉があります。
眼施・和顔施・言辞施・身施・心施・床座施・房舎施

後志報恩会 銀山学園の基盤となった札幌報恩学園 創設者 小池 九一氏は、生涯「報恩」を生活信条とし、その精神を貫き通した人であったそうです。
「報恩」とは、天恩・地恩・君恩・国恩・親恩・師恩・友恩に報いること

「無財七施」「報恩」どちらも七つなのです。
私の日々の反省に活用させていただいています。「七回許す」の精神も心に刻みたいと思います。
合掌   そして  感謝。


私も、あらためて「報恩」の七つの意味を知りました。
札幌報恩会、そして平成元年に札幌報恩会から分離独立した後志報恩会。その名の由来にあらためて寛喜を覚えます。
posted by はるあき at 18:32 | ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀山学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/117817664

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
dha epa α-リノレン酸 えごま油より手軽
不飽和脂肪酸のドコサヘキサエン酸 エイコサペンタエ...


天然マグロを100%使用したサラサラ成分で、
ドロドロの流れをスムーズにし、毎日の健康ケアにお...