2009年04月17日

知的障害者施設「金剛コロニー」で傷害事件

ニュースによりますと昨年12月施設で知的障がい者が支援員に木刀で殴られけがを負っていたことがわかりました。

事件は昨年12月に起きており、支援員は同月末解雇されています。

「金剛コロニー」は、利用者500人の大規模施設。

ニュース記事は次の通り


 大阪府立の知的障害者施設「金剛コロニー」(同府富田林市)で昨年12月、運営の委託を受けている府障害者福祉事業団の男性支援員(32)が男性入所者(34)の頭を木刀で殴り、1針を縫うけがを負わせていたことがわかった。入所者にコーヒーを飲ませるかどうかで口論になった末という。支援員は同月末で解雇された。

 同事業団などによると、昨年12月4日朝、「くすのき寮E棟」(当時入所者23人)の食堂で、パンを食べていた入所者が支援員にコーヒーを求めた。入所者はコーヒーを飲み過ぎてしまう傾向があり、食後に飲む約束事があったため、支援員は断った。しかし、支援員がその場を離れても入所者が追いかけてさらに求め、押し問答になった。

 その様子を見ていた別の入所者たちが、観光地で購入し居室に置いていた木刀(約70センチ)を支援員に手渡し、支援員はそれで入所者を殴ったという。髪の生え際付近が切れ、出血したため、支援員が消毒し、敷地内の病院に行くよう指示した。当時、棟内にいた職員はこの支援員だけだった。

 支援員は1年更新の有期雇用で、4年目だった。「なぜ殴ってしまったかわからない。(障害者支援について)勉強不足だった」と話していたという。事業団は4月から、朝食時の職員を2人態勢にしている。

 殴られた入所者の障害は中程度で、富田林署員に「僕も悪かった。(被害届は)出しません」と答えたという。

 金剛コロニーは敷地面積が約82ヘクタール。約500人が生活している。事業団は府が100%出資している社会福祉法人。府障がい福祉室の担当者は「民間施設の模範となる施設運営をすべきなのに遺憾に思う」とコメントしている。(石前浩之)



以上 asahi.com(http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200904170084.html)より
posted by はるあき at 19:48 | ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今も続く 言葉の性的暴力 言葉の暴力 暴力 監禁 トイレでの着替え 職員中心の支援 介護 あり得ない。
人間が人間を見ているとは感じられない 見れない 人間対物になっている。
Posted by 信念を持ち at 2012年04月13日 05:59
今 現在も 寮でも 病棟でも 身体的虐待 心理的虐待は 普通にある 当然のようにある
資格を持たない人たちが働いているのだから当然じゃないですか
事業団の勉強会に出たところでその人たちも資格を持たない人たちだから 同じこと
10年以上勤めてる人たちは もう一度 資格を取りに 勉強しに 行くべき
利用者は同じ人間とゆう認識も プロ意識もない ただのアホのていの低い支援員 支援長 支援部長 施設長 看護師看護師長 看護師部長

こんな 施設 潰してしまえ コロニー関連会社は 全て無くしてしまえ 虐待普通に 考えてる施設 止めてしまえ 潰してしまえ

大阪府は何してるんじゃ 弱いものを 先に守れ
Posted by やま at 2014年04月10日 05:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
スポンサードリンク
dha epa α-リノレン酸 えごま油より手軽
不飽和脂肪酸のドコサヘキサエン酸 エイコサペンタエ...


天然マグロを100%使用したサラサラ成分で、
ドロドロの流れをスムーズにし、毎日の健康ケアにお...