2014年10月29日

カラマツの緑が赤に変わりゆく

赤井川駐車場.jpg

(ここは、赤井川の国道393号、チェーン装着用の駐車場です。
トラックが一人寂しく、休んでいました。道路には昨日の初雪の残雪が残ります。カラマツは、緑が消えすっかり赤くなっていました。)

赤井川の初雪.jpg

(熊笹や、初雪もらって生き生きと)
どういうわけでしょう。
熊笹は、雪が降ったときは、生き生きと息を吹き返したような印象を受けます。
今日は、朝方に銀山学園に向かいましたが、やはり、昨日の初雪が、毛無峠にうっすら残っており、路面も濡れていましたので、慎重に峠を超えてやって来ました。
posted by はるあき at 00:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

窓の外冷雨を避けて蜘蛛1つ

白い蜘蛛.jpg

28日 この日は北海道は各地で初雪を記録しました。
札幌も手稲山が真っ白になりました。

あるマンションをお訪ねしたところ、外は冷たい雨が降っていました。
幾らかでも温かい、マンションの廊下に、天井から1匹の白い蜘蛛がゆっくりと降りてきました。
蜘蛛はこれからこの家で冬眠をするのでしょうね。
posted by はるあき at 00:00 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

夕暮れに川のせせらぎ風寒し

銀山学園に息子を送って帰り道

今日は比較的天気もよく、夕暮れの迫った山や川の風景にさそわれて、ちょっと余市川によって見ました。
余市川の夕暮れ.JPG
夕暮れに川のせせらぎ風寂し
といったところ。

susuki-1.jpg

すすきもすっかり白くなって、まさに「かれすすき」
人生もいずれこのように枯れていくのでしょう。
すすきのように、又春になって勢い良く復活できればよいのですが。

susuki-3.JPG
ススキの穂
種がしっかり出来あがり、風に舞い飛ぶばかりになっています。
kumo-1.jpg
ふと空を見上げると、なんという美しい雲でしょうか、とても珍しい雲ですね。
どんな気候条件でこのような雲が出来上がるのでしょう。
自然の不思議ですね。

posted by はるあき at 20:24 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 銀山学園 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

花は咲く

25日は午後から息子と大通りへ。

紅葉が一段と美しくなっていました。

今が見頃、感じるころ。

大通り紅葉4.jpg

大通り紅葉晃洋.jpg


大通り紅葉1.jpg

教育文化会館紅葉.jpg


息子と一緒に一つの小さな音楽会を聞いてきました。

サックス奏者の「三國可奈子」さん、ピアノは「佐藤香奈」さん、ドラムとパーカッションは「細川直来」さんの3人の演奏でした。

曲目は、サックスのソナタがメインで、クラシックと言ってもあまり馴染みがないものでしたが、聴きやすい曲でした。

L.バーンスタイの「シンプルソング」 P.クレスの「ソナタ」、H.マンシーニの「酒とバラの日々」
そして、ジプリをジャズに編曲した「ジャズィにジプリセレクション」などなど

この編曲者の「大野理津」さんという方も来ていましたが、ちょうど2日前のあの寒い日に稚内まで行ってきたとかで、寒さと、旅行時間の長さに驚いたと北海道の「感想」を話してくれました。

音楽会の最後に、やっと聞き覚えのある「花は咲く」の演奏がありました。
この歌は、東北の3.11(東日本大震災)の復興のため作られた曲だと紹介されました。

そいうえば、昨日(24日)息子を迎えに銀山学園へ行った際に、突然けたたましく携帯が鳴り出して、運転中で慌てましたが、「泊原発の避難訓練」の警報でした。

もし、北海道でも、あんな地震災害が起きれば、とても安穏としてはおれませんね。
特に原発なんかは、できれば無いほうが良いですよ。あらゆる関係者が原発をなくし原発に依存しないエネルギー政策を早急に実施することが大事だと思いますね。



posted by はるあき at 17:36 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月19日

プラタナスの実

稲積公園を散歩しました。
手稲区前田地区にあるこの公園は、駅名が稲積公園駅とあるように大きな総合公園です。
錦織選手が有名になって、テニス熱も高まり、テニスをする人達で今日も賑わっていました。

犬を連れて歩く人、散歩する人、子どもとキャッチボールをする人、様々な目的で多くの人が集まります。
すぐ隣には「ていねプール」があり夏は子どもたちの歓声がこだまするところですが、今は秋、営業していません。

息子と私は、いつもこのプラタナスの小道を通ります。
inazumikouen002.jpg
たくさんのプラタナスが植えられていますが、めったに実を見つけることが出来ません。
今年は運良く、見つけました。
ずいぶん高いところに鈴のようにぶら下がっています。
inazumikouen001.jpg

そのこともあって、プラタナスは「鈴懸の木」ともいわれます。
昔「鈴懸の径」という唄をよく歌ったものでした。

もうすでに紅葉。
特に銀杏の木はすっかり色づいています。
「ギンナン」がおちていないかな〜 と思いながら木の周辺に目を配っても、たったの1個も落ちていませんでした。
でも、昨日絵の方には、黄色いもがたくさんついていました。
きっと朝早く来た人達が拾っていったのだと思います。
ギンナンの好きな人は、それも散歩する時の楽しみの一つになるのでしょうね。
inazumikouen005.jpg

inazumikouen006.jpg

inazumikouen003.jpg

inazumikouen004.jpg

公園の広場から眺める手稲山はとても綺麗でした。


inazumikouen008.jpg
posted by はるあき at 20:41 | 北海道 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
dha epa α-リノレン酸 えごま油より手軽
不飽和脂肪酸のドコサヘキサエン酸 エイコサペンタエ...


天然マグロを100%使用したサラサラ成分で、
ドロドロの流れをスムーズにし、毎日の健康ケアにお...

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。